Gehirn RS2 Plus

VPSのようなレンタルサーバ

Gehirn RS2 Plus はセキュアでマネージドなホスティング環境を提供するレンタルサーバサービスです。高速なハードウェア構成を採用し、Web コンソール もより使いやすく進化しました。

 Gehirn IDを作る
Webコンソール

セキュアでマネージド

サーバセットアップ、適切なバックアップ、リソースの管理、セキュリティパッチの管理など、サーバ環境の保守運用は全て、セキュリティの専門家であるゲヒルンが実施します。

  • サーバセットアップ不要

    VPS のようにサーバのセットアップを行う必要はありません。SOC2 Type1、ISO27001、PCI DSS といった第三者機関認証に準拠した信頼性の高いデータセンタと高速なハードウェアおよび大規模なバックボーンネットワークといった堅牢なファシリティ上に構築されたマネージドな環境を、レンタルサーバのように手軽に使い始めることができます。

  • 自動バックアップ

    誤ってファイルを削除してしまった場合やソフトウェアのアップデートに失敗してしまった場合に、自動的に保存されるスナップショットを使ってすぐに環境を復元することができます。さらに、お客様のすべてのデータを Amazon S3 に自動でバックアップしています。

    > 詳しく見る

  • セキュリティ専門チームによるリスク・アセスメント

    インフラストラクチャのセキュリティ管理はゲヒルンが行います。脆弱性診断で多数の実績を持つセキュリティ専門チームが定期的にサービスを監査するほか、インフラストラクチャの開発チームが各コンポーネントの脆弱性情報を収集・評価してアップデートを行っています。お客様はご自身の Web サイトの運用に専念することができます。

    > 詳しく見る 

つまりWebアプリを開発するエンジニアにもコーポレートサイト運営の法人にも最適ということ

RS2 Plus は VPS と同様の性能を備えながらレンタルサーバと同じように Web コンソールから設定を行うことができます。法人のセキュリティ要件を満たし、ゲヒルンのベストプラクティスを安価に提供するもので、お客様は保守運用のことを意識せずに Web アプリ開発やサイト運営に専念できます。

自分だけのセキュアな環境

RS2 Plus は VPS に使用される技術を使用して、仮想専有型のサーバー上にお客様の環境を構成して提供しています。お客様のアカウントは仮想マシンによって他のアカウントと分離しているため、仮に、他の仮想マシン内で悪意のあるアプリケーションが実行されたり、Linux カーネルの脆弱性によって特権に昇格されたりした場合でも安全を確保できます。

セキュアな Web フロントエンド

RS2 Plus の Web フロントエンドが使用するグローバルネットワークは、エニーキャストを使用した世界規模のネットワークで、レイヤー4までの DDoS 攻撃を緩和できるように設計されています。TLS やアクセス制御をはじめとする Web フロントエンドのセキュリティは、開発チームが定期的に最良の暗号スイートやプロトコルを選定しアップデートを行っています。

常駐プログラムもマネージド

プロセス機能を使用することで、RS2 Plus アカウントの仮想マシンが再起動したときや、プログラムが異常終了したときに、プロセスを自動的に再起動するよう設定できます。プロセスが出力したログも RS2 Plus が自動的にローテーションを行います。

> 詳しく見る

選べるバックエンド環境でVPSのような自由度を実現

RS2 Plus では、お客様の Web サイトを実行するミドル ウェアを Apache、NGINX、TCP の 3 種類から選択することができます。
他の共用ホスティングをお使いの方も、VPS をお使いの方も、TCP ポートで待ち受けるサーバプログラムの開発者も、面倒なサーバのセットアップを行うことなく、GWS コンソールから設定するだけですぐに Web サイトや Web アプリケーションをオンラインにすることができます。

Apache

他のホスティングサービスで使用していた .htaccess ファイルや .htpasswd をそのまま使用することができます。多くの場合、従来からの Web サイトに変更を加えることなく RS2 Plus 上で Web サイトを構成することができます。

NGINX

NGINX は、VPS ユーザに使用されることが多い Web サーバ ソフトウェアです。他の VPS サービスで NGINX を使用していたお客様は、設定を移行することができます。コンソールから「アドバンスモード」を使用することで、nginx.conf の設定を変更することができます。

TCP

TCP バックエンドを使用することで、お客様がアカウント内で実行している任意の TCP ポートで接続を待ち受けるプログラムに HTTP/FastCGI/WSGI プロトコルで接続を転送することができます。TCP では WebSocket もサポートします。

設定済みのシェル環境で、すぐに開発をはじめられます

RS2 Plus はすべてのプランで SSH アクセスを使用できます。使い慣れたコマンドを使用してアプリケーションの開発やサーバの操作、プログラムの実行を行うことができます。
シェル環境は、zsh と tmux によるセッション管理が設定済みです。もちろん、お好みの .zshrc に差し替えることも可能です。あなただけの環境ですぐに開発をはじめられます。

$ supervisorctl start webapp

パフォーマンスが大幅に向上

今回のリニューアルでは高速な CPU・SSD・メモリを搭載。レンタルサーバにもVPSにもない使い心地を実現しています。

初期費用は無料

Gehirn RS2 Plus は初期費用が不要で最低利用期間はありません。ご契約のプランに応じた日額料金でご利用になれます。必要に応じて、使った分だけのお支払となります。テスト環境などスポットでのご利用にも向いています。

※ 本サイト記載の価格はすべて税抜表示です。

> すべてのプランを見る

ベーシック

ベーシック

日額40

月額換算1,200円

CPU / 1コア
メモリ / 1GB
SSD / 25GB

はじめる
スタンダード

スタンダード

日額60

月額換算1,800円

CPU / 1コア
メモリ / 2GB
SSD / 50GB

はじめる おすすめ
ビジネス

ビジネス

日額240

月額換算7,200円

CPU / 4コア
メモリ / 8GB
SSD / 200GB

はじめる

脆弱性診断で培ったベストプラクティスを提供します

ゲヒルンはセキュリティ専門会社として多数の脆弱性診断の実績を有していますが、サーバやプラットフォームが正しく設定されていないまま実運用されているWebアプリケーションに数多く遭遇してきました。セキュアな環境を誰でもすぐに使えるように、ゲヒルンが持つベストプラクティスをこのサービスに詰め込みました。

 Gehirn IDを作る お支払い方法を確認する