mta-logo

送る、受け取る、見届ける

Webサービスのためのシンプルなメールサービス。
Gehirn MTAは、複雑な要求を満たすためにゲヒルンがゼロから開発したメール送受信APIです。

protocol

新しいのに使い慣れたインターフェースです。

メールの標準的なプロトコルであるSMTPのほか、HTTP APIからもメッセージを配送できます。
SMTPもHTTP API もTLSで通信経路を保護できます。

dkim

大切なメールをもっと届くようにするサインです。

DNSを設定してDKIM署名を有効にすれば、MTAが自動的にDKIM署名をしてメールを配送します。
DKIMによって正当な送信者だと署名するとともに、途中経路での本文の改ざんの防止にも有効です。
MTAは、受信したメールのDKIM署名とSPFの検証にも対応しています。

event

メールサーバのやりとりも見届けます。

MTAにはもうひとつ、新しい通知の仕組みがあります。
送信先のメールサーバがメールを受け取ったかどうか、もしくはリジェクトされたかどうかを通知できるため、メールの配送が失敗したかをEDJを通じて受け取ることができます。
EDJから自分のプログラムにフックすることで、配送に何度も失敗するメールアドレスを記録して、リストから自動的に取り除くような処理も簡単に実現できます。